人気ブログランキング | 話題のタグを見る

 

 

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
節分
at 2021-02-10 12:00
郷土料理のご提供
at 2021-01-25 12:00
正月行事
at 2021-01-20 12:00
永年勤続者表彰式がありました
at 2021-01-15 12:00
オンライン面会はじめました!
at 2020-12-25 12:00
ファン
ブログジャンル
画像一覧

ブログトップ

熱中症について

 皆さんお元気でしょうか? 梅雨とその後の暑い日には熱中症に注意が必要です。熱中症について_b0199838_164972.jpg
熱中症とは、高温(多湿)環境下で体の水分、塩分のバランスが崩れたり体温調節が上手く出来なくなって起こる障害のことです。
 熱中症にかかりやすい環境条件は ①気温、湿度が高い②風が弱い③日差しが強く照り返しが強い④梅雨開けなど急に気温が上がる場合です。
 軽症であればめまいや立ちくらみに始まりこむら返り、大汗をかく状態、中等症で頭痛、熱中症について_b0199838_166474.jpg吐き気やおう吐など体がぐったりして力の入らない状態となります。さらにひどくなり重症の場合、意識が悪くなり、ひきつけが起こる、体が思うように動かせなくなり、触れても熱いと感じるほど体温が上昇します。ですから熱中症を疑うサインは皮膚が熱い、赤い、乾いている、頭痛、めまい、吐き気、反応がおかしい場合です。そうならないために次の事に注意してこれからの季節を過ごしましょう。

   暑さを避け服装に工夫を、特にお年寄りは重ね着をしすぎないように。熱中症について_b0199838_169505.jpg
   アルコールは避けて水分補給をこまめに。
   普段から汗をかくような習慣を持つ。
   睡眠をしっかり取り、朝ご飯をしっかり食べましょう。

 また、暑い時は周りの人にもお互い配慮してあげて下さい。
 もし熱中症になってしまったら、風通しの良い、出来ればクーラーが効いている室内に移動させ、衣服を脱がせて熱を逃がし、皮膚に水をかけたり扇いだりしてとにかく体を速く冷やします。氷があれば首、脇の下、太腿の付け根を冷やすとより効果的です。また水分補給も重要です。受け答えがはっきりしていて吐き気熱中症について_b0199838_16155950.jpg
のない場合はスポーツドリンクが最も簡便な補給法ですが、食塩水(水1Lに食塩1~2g)も有効です。
 これで症状が改善しないときや水分補給が出来ない場合は、病院受診が優先です。
自力で受診できなければ救急車を呼んで下さい。

 この時期には熱中症だけでなく食中毒なども多くなります。睡眠、食事、服装などに気を配って乗り切りましょう。

                        平成24年6月発行 第154号より

総合診療科部長 眞壁秀幸
by itokukai | 2012-07-31 16:25 | 健康メモ
<< さつき苑バーベキュー! , 日常生活での「肩こり」の予防について >>