人気ブログランキング | 話題のタグを見る

 

 

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
最新の記事
節分
at 2021-02-10 12:00
郷土料理のご提供
at 2021-01-25 12:00
正月行事
at 2021-01-20 12:00
永年勤続者表彰式がありました
at 2021-01-15 12:00
オンライン面会はじめました!
at 2020-12-25 12:00
ファン
ブログジャンル
画像一覧

ブログトップ

日常生活での「肩こり」の予防について

 肩こりに関係する筋肉はいろいろありますが、筋肉が働くためには、酸素と栄養が必要で、それらを運ぶ血液の流れが大切です。血行が悪くて、酸欠状態になると、この筋肉に老廃物がたまり、それがこりや痛みの原因となるのです。
 肩こりの主な原因は日常生活にあります。つまり、原因がわかれば肩こりは防げるのです。


① 同じ姿勢で作業を続けていませんか?
  同じ姿勢を長く続けていると肩や首の筋肉に負担がかかり、筋肉が疲労するため肩がこりやすくなります。
  1時間作業をしたら、数分程度、肩や首を軽く動かす運動やストレッチをしましょう。
② 正しい姿勢を!
  姿勢が悪かったり、同じ肩にバックをかけていたりすると、肩や首の筋肉が常に緊張し、筋肉が疲労します。
  テーブルやイスの高さにも注意し、首や肩に負担をかけない姿勢をとるようにしましょう。
③ 冷房が効きすぎていませんか?
  筋肉を冷すと血行が悪くなり、肩がこりやすくなります。適度な温度調節をしたり、身体を冷さないように
  しましょう。手首や足首も冷えないようにするのが大事です。蒸しタオルなどで肩を温め、血行を良くする
  のは良い事です。
④ ケータイ、パソコン画面を見て目が疲れていませんか?
  目の疲れや、ストレスも筋肉を緊張させるため、肩こりの原因となります。時々、遠くを見るなど目を
  休めたり、入浴し身体を温め、リラックスしましょう。
⑤ 栄養バランスはとれていますか?
  栄養バランスが悪いと肩もこりやすくなります。カルシウムや食物繊維の多い食べ物を摂るようにしましょう。
⑥ 運動不足ではありませんか?
  運動不足で筋肉が弱くなり、疲労しやすくなります。適度な運動は筋肉の緊張を取り除き、血行を良く
  するため、肩こりをやわらげます。また筋肉を強くすれば肩こりの予防にもなるのです。
⑦ 睡眠不足ではありませんか?
  睡眠を十分にとりましょう。固めのふとん・適切な高さ(横になって寝たとき、首と背中が真っ直ぐになる
  高さ)の枕が良いでしょう。

 以上、日常生活での予防を述べましたが、頚椎疾患や内臓疾患によって引き起こされる「肩こり」も少なくありませんので、気になる時には医師に相談しましょう。


                           平成24年5月発行 第153号より

整形外科部長 舩渡恒男
by itokukai | 2012-07-31 15:45 | 健康メモ
<< 熱中症について , 花粉症のお話 >>